卒業論文予演会

日時 2009年9月26日(土) 7:30~

場所 リハビリテーション学科棟3階303教室

『卒業論文予演会』

発表者 ①M樹 「学校教育におけるシリアスゲームの有効性について」

    ②H高 「骨盤前後傾斜が股関節外転運動時の外転筋力
         および筋活動に与える影響について」

    ③T田 「深層筋活性化に対する頚部からの他動運動と
         錘を使用した自動運動の効果の比較」

    ④M史 「振盪刺激が骨粗鬆症モデルマウスの
         下腿筋に与える影響」

    ⑤N垣 「防水角時計の作製および陸上歩行、水中歩行時の
         下肢関節角度変化の比較検討」




活発な質疑応答や意見交換に期待して、開催報告とさせて頂きます。



なんていうそれっぽい感じの情報掲示にしてみました

朝早くからですが、皆さんよろしくお願いします。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

練習が大事

やっぱ発表は練習あるのみだと思う!

僕の班の先生はすごい面倒見がよくて10回くらいは発表の練習に付き合ってくださった。時には第一のI藤先生もアドバイスしてくださったこともあった!!

先生も発表は何回もやらなきゃうまくならない!とよくおっしゃった。

でも研究発表で一番大切なのは質疑応答を如何にうまく行えるかがキーポイントになるらしい…

でもこれを完璧にこなすのは研究者でもほんの一握りしかできてないみたい。

でも質疑応答のポイントは教えてもらったので明日実演してみんなに盗んでもらえたら嬉しい

スライドも第3者にみてもらうことで初めて気付くことが多々ある。
僕もそれを何回も何回も繰り返し納得のいくスライドが完成した!

だから明日みたいに実際に練習することはかなり大切だと思うだからみんな頑張ろう!!

長々とごめん

いやー

俺…不安になってきた。。

質疑応答とかすげー角度からの質問とかきそうである意味怖いかも。。

またそのポイント教えて!!

じゃぁ明日よろしく!!

おつかれぃ!!

今日はみんなありがとうね☆
みんなのパッションを吸収して、色んな事を反省することができました。

やっぱりみんなすごいね!
いいもんもってますなぁww

またなんか企画してやっていきましょうヽ(^o^)丿

不甲斐無い…。

自分も発表を行ったんだけど、やはり練習あるのみって痛感した。

不甲斐無い発表ですまなかった。

自分の今までやってきた研究を最後までしっかり伝えれないことほど悔しいことはないと思う。

それは、症例発表を何回も経験した中でわかっていること。

まだ、時間はあるから頑張ろう!!

みんなの発表を明日聞けることを楽しみにしてるよ!!
プロフィール

Yu Takada

Author:Yu Takada
高田 勇です!

常に自分を更新し!
器の大きな人間に!

尊敬する人!
石川遼選手にしても…
茂木健一郎先生にしても…
我が未来像の先生にしても…
カッコいい!

素晴らしいPTになることを
誓います!!

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
40315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12192位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...