2010.01.15 リハビリテーション部門研修会

こんにちは

3日前になりますがリハ研に行って参りました

テーマは「代償運動・動作とその適応 ―代償学の提言―」でありました

講師は倉敷中央病院リハビリテーション科主任部長の伊勢眞樹先生でした

正直に申しますと私は代償に関して詳しく学習したことがありません

ですからどんなお話が聞けるのが楽しみにしていました

聞いていると「なるほど!」と納得できるところと

「いや…これは何か腑に落ちないぞ…」と思うところがありました



例えば「残存機能の広義的な意味」から

「残存機能の狭義的な意味」と「代償運動」の分類に関しては

「なるほど!」と思いました

その一方で伊勢先生が考えられた代償運動の新たな定義については

「んー…それでイイのかな?」と思いました

定義的なところは言葉の適切さなどが非常に問われてしまって

その整合性が疑われることもあると常々感じています

ですから定義の詳しい内容については納得できれば

「全然OK!」として考えていますので

今回はそれに当てはまるもののひとつだと感じました



腑に落ちなくても伊勢先生が考えていらっしゃることを総合すると

「なかなかここまで代償についてまとめあげたものは素晴らしいなぁ」

と思いました

これからもう少し詳しく代償について学んでいく必要があると実感しました

もちろん代償に限らず幅広い知識が要求されることを実感しました

伊勢先生のお話の中で幾度か「○○先生がおっしゃっているように…」

という箇所がありましたが

その○○先生がどのようなことをおっしゃっているのかが分からないと

伊勢先生のお話すら分からなくなってしまうことがある

それが私の中に非常にもどかしい気持ちを生んでいました



『今は幅広く知識を吸収していく』

これもまた重要な視点かもしれません



最後に

伊勢先生が話題に取り上げていた文献

Davis R.: Spasticity following spinal cord injury. Clin Orthop Relat Res. 1975 Oct;(112):66-75.

森 亘:美しい死 ―品位ある医療の,一つの結末―.日医雑誌 第118巻・第11号/平成9年(1997)年11月15日

読みたいと思います



リハ研が終わってからすぐに「この2つの文献を探しに行こう!」

と言ってくれた周りに感謝です
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

代償学

代償運動を一つの学問と捉えるか…と思いました。

代償学かぁ。。。

患者のNeedsに合わせて使い分けたいと思いました。

ね!

いろんな学問があるもんだね!
プロフィール

Yu Takada

Author:Yu Takada
高田 勇です!

常に自分を更新し!
器の大きな人間に!

尊敬する人!
石川遼選手にしても…
茂木健一郎先生にしても…
我が未来像の先生にしても…
カッコいい!

素晴らしいPTになることを
誓います!!

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
40315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12192位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...