吉岡 秀人 先生

吉岡 秀人 先生

吉岡先生、昨日は講演会のみならず、我々学生のためにお時間を頂き、
本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

公的なBlogという媒体を通してですが、個人的に感謝申し上げたく、
このように書かせて頂きます。何か不都合な点があるかもしれませんが、
私もこの場を借りて、何かしらの情報を発信し、何かに貢献できれば、
と思っていますので、お許し頂ければと思います。

私が申し上げてよいことかどうか迷う部分もありましたが、
私の感じたことをそのまま文章にしたいと思い、書かせて頂きました。
こちらについてもご了承頂ければと思います。

私は以前、大学での吉岡先生の講演会を聞くことができませんでした。
講演会を聞いた仲間からは、吉岡先生のお話を是非一度聞くと良い、
と幾度も言われてきました。実際にミャンマーにも行ってみようともしましたが、
人数の関係で行くことができず、ただその一方では情熱大陸をはじめに、
著書などでお目にかかることは多く、一度直接お話をお聞きしたい、
という気持ちが積もっていました。

今回はその吉岡先生から直接お話を聞ける、これ程に素晴らしいことはない、
と思うぐらいの機会でした。講演会ではひとつひとつの言葉が
いろいろな場面とFusion(我々はLinkと言っています)し、
心揺さぶられるものがありました。
「たとえ死んでも心が救われる医療」
「どこかで世界の人を助け、そしてまた助けられている」
「何をもって豊かであると言うのか」
「いろいろある職業の中で医療を目指すことになったoriginとは何なのか」
「親の愛情」
「精神、心を育むのは心である」
「いつ終わるか分からない人生、だからこそ今やるべき」
「他人の目を気にしていてやろうとすることができないなんてもったいない」

その後のお食事会では、吉岡先生の今からやりたいこと、やると決まっていること、
そういった考えがどのようにして生まれてきているのか、
その一端をお聞きできたようで、非常に有意義な時間でありました。

吉岡先生は常日頃「一人の医者として何ができるのか」
自分の存在価値や自己実現というものをひとつのエネルギーとしながら
「こうすれば良いのでは、あのようにすれば良いのではないのか」
といった多くのことに考えを巡らせていらっしゃって、
ひとつひとつの経験や考えを糸として、元々弱かった芯(我々は核と言っています)に
その糸を巻き付け、強い人間への成長としての歩みを続けておられる。
心打たれました。

それと同時に、私はそこに人間らしさも覚えたのです。
私が感じるには、吉岡先生の根底には暖かく温もりのある愛情があるからだ、
と思ったのです。

私は今回、吉岡先生に直接お会いし、非常に近くで会話をするということで、
非常に緊張していました。しかしいざ会ってみて、そして会話をすると、
吉岡先生からPressureというものは感じられず、
そこで感じたのは人間味のある暖かさでした。

吉岡先生と別れた後、よくよく考えてみれば、これは吉岡先生が
私の理想とする人間に近いのではないか、そして親近感を覚え、
緊張というものを感じなかったのではないか、そう思ったのです。

今回の吉岡先生との交流は、私のひとつの『経験』として
深く刻まれたと実感しています。
このような機会を設けて頂いた医学部の方にも感謝を申し上げ、
さらには吉岡先生の益々のご発展をお祈りし、
そして最後に私の今後の活躍をお約束し、
締めくくりとさせて頂きます。

本当にありがとうございました。



吉岡先生の2席左隣に座っていた者より





さて…おはようございます

前半に書かせてもらった内容をご覧になって分かる方もいらっしゃると思いますが

昨日はジャパンハートの吉岡秀人先生の講演会

「情熱の小児外科医が目指す“日本発 こころ救われる医療”への戦い」

が岡崎の松坂屋6階でありました

吉岡秀人先生 講演会にて…

前日の1月13日には卒業試験を終えて

いよいよ心待ちにしていた吉岡先生の講演会でした

聞きに行って思いました

やはりこういった機会というのはやってみなきゃ分からないですね

行って本当に良かったです

これに行くきっかけを作ってくれた私の周辺の環境に感謝ですね

内容は前半に書いたことで大方イイと思います

もちろんこのBlog上では表現しきれないことの方が多いですが…



そしてそして…こんな行動をしていると何かが起きるものなんでしょうか…

医学部の方から吉岡先生とのお食事会へのお誘いがあったんです

これは行くしかないということで参加させてもらいました

吉岡秀人先生 お食事会にて…

これまたこういった機会を与えて下さる

私の周辺の環境を構成して下さっている皆様に感謝ですね

そのお食事会の席でも心に響いて…そして日常や自分の考えとLinkすることが多々あり…

もう…今年始まったばかりなのに…こんな幸せ頂いて大丈夫でしょうか

正直そんな気持ちになりました

この場を借りて再度感謝申し上げます



そしてそして…こういう場でできる繋がりというのも

とてもとても大切でかけがえのないものです

そういう意味でもやはり私の周辺の環境を構成して下さっている方々

多くの物や人や地球…全てのものに感謝の気持ちでいっぱいです

そんな繋がりのひとつのお話ですが

この吉岡先生とのお食事会に愛知医科大の1年生(Iくん)が1人参加していました

「愛知医科大と言えば高校サッカー部の後輩がいるなぁー」

と思っていたらちらっとIくんはサッカーをやっているという話が聞こえ

「高校サッカー部の後輩を知ってますか?」と聞いてみたら

ズバリ知っていました世界は狭いですね

そんないろいろな繋がりができるのも

この集まり「世界の宝となる学生の会」の面白さです



イイですね…では…下から突き上げられて終わらないように

陰ながらいろいろやっていきますか

迷ったら即行動

脳で考えて成長するのではなく行動が脳を刺激し行動が脳を成長させ私という人間が成長する

そんなことを痛烈に実感した1月14日

この経験をどう活かすか

活かすも殺すも自分次第

『デカイ器の人間になる』ために行動あるのみ成長あるのみ



最後に告知を…

2010年1月24日(日)に『情熱大陸』が吉岡秀人先生を取り上げます

是非ご覧になって下さい
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

スマートな文章だね

最高!!

「脳で考えて成長するのではなく行動が脳を刺激し行動が脳を成長させ私という人間が成長する」

この1フレーズに心奪われました。
行動しなきゃ単なるイメージで終わってしまう。

イメージでも脳は同じ部位が働くけど、行動するよりも弱い。

行動が自分を変える。環境が自分を変える。
それが患者さんのためならいくらでも★
プロフィール

Yu Takada

Author:Yu Takada
高田 勇です!

常に自分を更新し!
器の大きな人間に!

尊敬する人!
石川遼選手にしても…
茂木健一郎先生にしても…
我が未来像の先生にしても…
カッコいい!

素晴らしいPTになることを
誓います!!

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
40315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12192位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...