感謝そして挑戦

こんばんは

最近サボり気味…まぁ卒業試験が佳境やから仕方ないけど…

久々充実した毎日だから前のBrogからなんかスゴい時間たってる気がするけど…

実はそんなことないかも…久々と言っても4日ぶり

いろいろと書きたいことがあって1つのBrogにするとえらく長い感じになってしまうので…

何コかに分けて書いてそれぞれの内容についてコメントがもらえるようにしときますね

少なくとも近々3つは書くのでお見逃しなく



ひとつめのテーマが『感謝そして挑戦』

H高が最近Brog書かないから…先に書いちゃお

ってことで頂きます…H高が考えた言葉の組み合わせ



なんと言っても振り返れば…S先生とのお食事会の前に…T先生との教室でのお話

そこで話した内容は…もちろん…そう…卒業試験について

卒業試験の何についてか…自分たちがイイ点数をとるために…

何てことではなく…

ザックリ言うと…卒業試験のシステムについて…

「なぜ卒業試験についてはフィードバックをかけてくれないのか?」

「なぜ過去問がダメだの解答は渡せないだの言ってるのか?」

「国家試験の過去問はやってもイイけど卒業試験の過去問はやっても意味がないと言うのか?」

「なぜ卒業試験の過去問がそのまま今回の卒業試験に出るのか?」

こんなこともろもろについてT先生とお話ができた

その具体的な話はなかなか公開できない内容もあるので…

一部をかいつまんでまとめた感じで書いておきます…

あくまでも今回の話をまとめて…そして俺がどんなことを考えていて…

また他の人はどう考えているのか知るために…

さらにこれからの未来の自分がこれを改めて見た時にどう考えるのか…

そしてそれを受けてどんな行動をしていけるのか…


そういうことを目的にして



その前にもうちょい前の話ですけど…

K先生が皆の前で話をしてくれました…

「今回の卒業試験の結果…イイものを見せてくれました…

 留年が出てしまうのもやむを得ないと思ってます…

 今回は私たちが反省する点もあります…

 だから今回の結果はもうイイです…忘れて下さい…

 次を本番と思って下さい…イイですか…もう一回言います…

 今回の結果はイイです…次が本番と思って下さい…

 ただひとつ…情報に差がないようにしなさい…

 情報は皆で共有するようにしなさい」



ではこれを受けて…話をしますと…まずはいろんな疑問が出てくる…

卒業試験に関してフィードバックがないことに関して疑問あり…

卒業試験の過去問がそのまま出たのはなぜなのか…

そのままの実力を知りたければはじめからオリジナルの問題作ればイイのに…

過去問が出る出ないという情報に差があったし…

しかも成績や結果の開示についても先生によって差があるし…

K先生も情報の差については言及してくれたけど…

実際に情報の差をなくすために工夫するのは学生なのか…先生たちはどうなのか…

書けば書くほどいろんな疑問がどんどん湧いてくる



そんな疑問をもった状態でT先生と話をして…

ここからがT先生との話の内容について…

今の卒業試験のシステムにはいろんな背景がある…

国家試験のレベルよりワンステップ上のレベルで卒業してほしい…

だから国家試験で出るレベルよりも高いレベルの問題が出るし…

変なイイ方をすると嫌らしい問題も出るし…重箱の隅を突くような問題も出るし…

国家試験に受かるレベルであればそれよりももっと効率のイイやり方もあるだろう…

フィードバックができない…制限がある…

これまた温情が働いて救いの手を差し伸べて数多くの卒業生を生みたい…

だから全てを公開してはその救いの手が伸びない可能性がある…らしい…本当かな…

こんなことがもろもろ…とにかくバックグラウンド的なところが大きいやら

こういうことを言い出すと卒業試験のみならず…

現在ある俺のいる大学の教育関係の矛盾にぶち当たることになる

その時代時代に合わせたシステムというのもあるだろうし…

歴史や伝統といった積み重ねられた重要なファクターもあるだろうし…

それらいろんなバックグラウンドを含めて今のシステムがあると納得するしかない

ただ…矛盾を感じてモヤモヤして…スッキリしなくて…

という中でやらなきゃいけないこともあって…

そこでT先生も言ってくれたけど…

患者さんのために勉強してるんだ

そう…俺は卒業試験のシステムとか教育のシステムとか…そんなことに気をとられすぎて

いつも意識してたはずの最終的な目的を忘れてたのかもしれん…

そう…俺は別に成績をとるために勉強してる訳ではない…

あえて言えば卒業するためにそして国家試験に合格するために勉強しているのではない…

それはあくまでも通過点…

全ては患者さまのために



H高の『感謝そして挑戦』の組み合わせとは意味合いが違うかもしれない…

けど俺にもその言葉が当てはまる…



そんな問題に気づかせてくれた学校に感謝

そしてその問題の解決や改善に向けての挑戦



最終地点を気づかせてくれたT先生に感謝

そして患者さんのためにどれだけのことができるのかという自分自身の挑戦



優しすぎる意味に気づいたことを聞かせてくれたH高に感謝

そして優しさと厳しさを持ち合わせる人間になるための挑戦



最近意識していることがある…

それは…

Balance

が調和したのように…

情熱と冷静さを持ち合わせたような人間になりたい

俺どうかしてるかな

まぁイイや

とにかくイイBalanceの持ち主で大きい人間になりたいということです
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

せめてコメントを

コメントはさせてね。

俺も感謝と挑戦です。

俺は仲間に対する感謝の意味が大きかったかな。

同時に、自分への挑戦の意味も大きい。

何事も努力を止めちゃいかんと思った。

T先生の言葉…全部は信じ切れんけど、共通できる部分も多かった。

徐々に信じていける先生になると信じています。

患者さんのために…忘れがちな今だけど、そこが俺らの原点な気がします。

イイ!!

患者さんのために…忘れがちな今だけど、そこが俺らの原点な気がします。

これサイコー!!

本当にそうやと思う!!これが俺らの原点!!

これを忘れずに前進していこー!!

ありがとう!

No title

おおすばらしい!!

紫といえばエッチなイメージがなんとなくあったけど、そんなことなくなりました(笑)

さっきブログ書いてたんだけど、T先生と話したことを忘れてました・・・

気付かせてくれてありがとう。
プロフィール

Yu Takada

Author:Yu Takada
高田 勇です!

常に自分を更新し!
器の大きな人間に!

尊敬する人!
石川遼選手にしても…
茂木健一郎先生にしても…
我が未来像の先生にしても…
カッコいい!

素晴らしいPTになることを
誓います!!

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
54698位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15582位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...