Thinking & Feeling No.2

第2部ということで…またまたつらつらと書いていきたいと思っとります

さっそく内容ですが…

No.6 Tへの話

No.7 真のムダゼロ

No.8 smart grid

No.9 殺処分

No.10 O先生の話

No.11 何とも言えない様子

No.12 大学院修士論文最終発表会

No.13 今週のA-Studio

No.14 2010 FIFA World Cup

No.15 今の頭の中


という構成でいきたいと思ってます

これまた長いけど…退屈して読むの途中で諦めんといてよー



No.6 Tへの話

これは12月2日…M樹と俺とTで話をしてたことの話…

M史にもH高にも話をしましたが…俺の考えを整理する意味でも書きます

結論としては…

もう一歩積極的に

ということがいかに大事かが分かった

「Tに何で大学院行くことにしたの?」とか…

「大学院でやる研究が結局どういうことに結びついてくるの?」とか…

「Tという人間に繋がるものにするにはどうしたらいいの?」とか…

「何で大学院なのかとか結局何に繋がるのかとかどこまで深くつきつめたことある?」とか…

聞いた

そこから…最終的に自分の成長に結びつけるためには…

自分がよりよい経験値を得るためにはどうしたらイイか…

やっぱり深く考えたり突き詰めたりすることって大事だよね

っていう結論に至ってそれを理解してくれた

かつある意味行き当たりばったり的な行いは結構心的にも身体的にも時間的にも余裕がなくなって

いつの間にか自分のその時持ってるキャパシティーの中で物事を考えたり理解したりする…

それを後から客観的に見てみると…

意外と視野が狭いなーと感じたり…もっとこうやってできたなぁって思ったり…

だからいろいろ実の行動に移す前に準備段階としていろいろ考えておくと

自分が想像してた以上に自分が成長できたりもっと多くの経験値が得られたりすると思うんだよ

っていうことも理解してくれた

さらにはそれが習慣化していないと…

いろんなところで知らず知らずのうちに損してたりすることがあるかもね

っていうことも理解してくれた

けど…深く考えたり突き詰めたりすることって意外と労力使うし…時間もかかるし…

簡単に言えば大変

自分のキャパシティー以上のことを意識しながら努力していかないといけない…

それがいわゆる『もう一歩積極的に』っていうこと

ところがTは最後まで…

「それ(深く考えたり突き詰めたりすること)は大事なのはよく分かるよ!

 けど俺のやり方でやるよ!」

その一点張りだった…その姿勢が少しでも傾いてくれればイイか…というぐらいの手応えでした

確信めいたところを話せて…気づいて頂けるきっかけになればありがたいなー…と思います

ただ…難しそうですね…何とか一歩踏み出してほしいです



No.7 真のムダゼロ

流行の()事業仕分けが終わった…その後のあるテレビ…

『真のムダゼロ』は実現されるのか…

というテーマが出てた…『真のムダゼロ』これは本当に難しそう

ここで具体例を…

誤報があったら申し訳ないですが…国土交通省の管轄だったはず…

その国土交通省のOBが役員をしていたりする社団法人・近畿建設協会は…

淀川の歴史などについて展示と解説をしている淀川資料館を管理している…

というのも…この淀川資料館には歴史資料と言われるものがいくつかあり…

その管理の仕事を『淀川資料館管理費』として近畿建設協会が入札・落札している…

ちなみに入札条件にはこの協会しか入札できないような文言があり…

やはり入札したのはこの協会のみ…

そしてそして…あるところでは国土交通省が法人などの広報費の削減成功を胸はって言っている…

実際この淀川資料館管理費を削減してる…と思いきや…

本当の本当のところ…

『淀川資料館管理費』をなくして『淀川資料管理費』として別のカテゴリーで計上…

何が違うの?…と思ってる人もいるでしょう…

館…という字をなくした誤字脱字レベルの文字遊びです…

これで広報費が削れたとか胸をはってるというお国やらお役人やら…

どこに責任があるのか…誰が信用できるのか…よく分かりません

少なくとももう少し自分に正直に生きましょうよ

ちなみに淀川資料館のサイトにリンクがあるアクア琵琶こちらも何か問題があったはず…

あまりにも呆れてしまって覚えてません



No.8 smart grid

English:Smart grid

Japanese:スマートグリッド

これは皆さんご存知でしょうか

私もあまり理解できてないんですけど…

何と言っても「最小のコストでインテリジェントな送電網を構築することに狙いがある」がミソ

と勝手に思ってます

これにあの!あの!Googleが参入したんだと

1日の世界中での検索件数が半端ないGoogleがこういう事業に参入することで

一国…一企業…一人一人…というようにコスト削減の意識と行動が浸透していくのではないか…

そういうなかなか理にかなった考えとともに環境に対しても大きな貢献ができるのではないか…

さすが世界のGoogle





No.9 殺処分

犬やネコなど…ペットでも身近な存在である動物たち…

犬とネコは毎年約50万頭が行政に持ち込まれて殺されている…

殺され方も何とも…言葉にならない…



こんなにペットが世の中に浸透しているのに…

動物たちの権利を考えることをしてもイイのではないか…

その活動のひとつが『アニマルライツセンター

そして殺処分がゼロになっている自治体や動物愛護センターが現れてきている





自分がこのことに関してどんな貢献ができるか分かりません…

ただ少なくともここに文字にしないよりした方がイイと思って書きました

犬が家族の一員となっている私にはなかなか考えさせられることでした



No.10 O先生の話

話はあっちいったりこっちいったりしてますが…

あの有名な()O先生の話…

ちゃんと文字にしときたいと思いますが…

2009年第1回卒業試験が卒業試験の過去問と同じ問題であったという事実

「今回のテストが本当の実力だったのかを知るために

 過去問を事前にやっていたのかを聞かせてほしい」とか…

「過去問は後輩に渡さない方がイイと思う」とか…

国試の過去問は5回やって5回とも見直して…と言いながら…

今回の卒試の問題は渡さない=俺たちは見直しができない…という事実…

なかなか理解し難いことが多いですねー…説得力もないですねー…どうなんでしょうねー…

………

このへんにしときましょーか



No.11 何とも言えない様子

今回の卒試…成績の振わなかったAくん…そのAくんの目の前でAくんを交えながら…

成績についての話をしながら…けらけらと笑ってるNくんとNくん…

こうゆう場面を客観的に見てると…何とも言えない様子…

笑っている人が情けないというか…少なくとも他人が見ていてイイようには映っていない…

こうゆうので自分の価値を落としたり…ましてや人をけなしたりすることがないように…

十分に十分に気をつけたいと思いました



No.12 大学院修士論文最終発表会

いやーレベルの高さを痛感させられました

別にビビる必要はないんですけど…ちょっとビビりそう…

卒論…話になりません…

相当頑張らなアカンと思った

それが分かっただけでもよかった…しかしそれだけじゃなくていろいろ収穫あった

朝9:00から聞いた甲斐があった…

研究に対する着眼点やら…

発表の際の表現の仕方やら…

内容だけじゃなくて話し方ひとつとっても…

是非レベルの高いものを提供できるように

自分で自分のキャパシティーを見切らないように

貪欲に努力してしっかり頭働かせて考えて

質のイイ修士論文にしたいという決意が湧いてきた

具体的な内容をひとつ挙げると…

『Critical Thinking』つまり『考える力』について…

これが重要であると考えている私…やはりこれは間違っていないように思いました

1~4年の間で特に『考える力』に差はない…

つまり成長がない…4年でちょっとばらつきが大きくなっただけ…

つまり私が教育の核になると考えている『考える』ということ…

これを育まなければ意味がないのにそれができていない今の教育の現状が明らかになった

これはなかなか面白い結果

『考える力』を育むための教育…指導…具体的に出していきましょー



No.13 今週のA-Studio

EXILEのHIROがゲスト…

そこで出てきたフレーズ…

「やっぱり夢を持たなアカン!それに向かって常に前向きに!」

「自分が夢を実現するだけじゃなくて人の夢も実現してしまう!」

夢…「最近の大きな夢は何?」と聞かれても今の俺だと答えられないなー…そう思ってて…

というのも結構今の考えてる道とかが夢じゃなくて自らの目標になってきたから…

それを上回る夢…ちょっと頭の片隅にでもおいておきたいですな



No.14 2010 FIFA World Cup

いよいよグループ決まりました

グループE

オランダ(FIFAランク3位)

デンマーク(FIFAランク26位)

日本(FIFAランク43位)

カメルーン(FIFAランク11位)

なかなか面白いんじゃないでしょうか

グループ予選突破…いけそう?いけなさそう?

そこらへんがなかなか見応え出てくるんではないか…

楽しみにしてまーす頑張れニッポン



No.15 今の頭の中

今の頭の中…目標やらあれやらこれやらを…

卒後教育について…海外の事情について…海外への視点について…

いろいろ書こうと思いますが…

これは次回にしたいと思います



別枠で書き残しておきたいので…また書きますので…また見て下さい



最後に…



聞きたい人は聞いて下さい
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

第2部を終えて…

前回は、全部にコメントしましたが、注目したとこに焦点絞って書きます。


No.6 Tへの話
これは、聞けて良かったです。

俺は長いこと一緒にいるんだけど、最近、話をしていて彼が変な方向に走ってしまわないのか心配でした。

自分の心配だけしてろよ!!ってTに言われちゃいそうなんだけど、そうもいかん!

こう言うと語弊があるかもしれんけど、一直線に進むのは案外簡単。色んな寄り道して、そこから色んなこと吸収しないと、アニメの独裁者的な存在になると思う!!

そこから、自分を確立させんと意味ないけど。。。

もう一歩積極的に話が出来なかった自分にも反省です。


No.10 O先生の話
本当は何を伝えたかったのか。そこがみそ。

様々な情報量に混乱してんのかな…。

自分の苦手とするところ(相手に物事をしっかりと伝える)を映し出しているような…笑

今の習慣が、今後の人生に大きく影響することを考えると、今のうちに改善させなきゃいかんことは山ほど。

自分が物事を教える立場になったときに、注意が必要だわ!!


No.11 なんともいえない様子

自分は、そこの立場にはいなかったけど…

俺も、内には秘めた思いを笑いに変換させることが多々あり。

でも、それってコミュニケーション手段なんです。

ただの馬鹿笑いは駄目だけど。


No.12 大学院修士論文最終発表会

同感です。

卒論とはすごい差!!

自分が行った学会よりもすごいかな…。笑

聞く、質問する姿勢、態度とかは本当にきれいに判れる。

それを、知れただけでもいい収穫だったかな。


最後に、

YuのBlogにはと日々の生活・習慣とが反映されてて非常に面白い!

それがBlogか?笑 なんか、近くにいて話す分、そう感じるのかも。

てか、M樹とM史のも面白いけど、そのなかでもYuのはいいと思う。

これからも、こんな感じでお願いします。

ありがとう☆

プロフィール

Yu Takada

Author:Yu Takada
高田 勇です!

常に自分を更新し!
器の大きな人間に!

尊敬する人!
石川遼選手にしても…
茂木健一郎先生にしても…
我が未来像の先生にしても…
カッコいい!

素晴らしいPTになることを
誓います!!

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
28206位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9147位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...