いろいろ 第1部

おはようございます

今日はまさに『いろいろ』と書きたいことがあったのでタイトルを『いろいろ』とした



主な内容は…

2009.11.19 Thu. コンケン大学留学の報告会について

         報告会後の講義について

         報告会と講義を終えて考えさせられたことについて

         『将来への道標』 No.7 & No.8 について

         『将来への道標』の総括について

2009.11.20 Fri. 地域リハ実習に行ったことについて

         これからの俺について

         これからの俺を含めた言葉が心に届く皆に対するエールについて




ここから長いですが…お付き合い頂けるとありがたいです

本当に本当に長編なのでご了解の上ご覧下さい

2部構成にしてますので…まずは 2009.11.19 Thu. から…



2009.11.19 Thu. コンケン大学留学の報告会について

報告会そのものは微妙やったと思う…

発表者のあの姿勢に「くそったれ」って気持ちが強かった

それはあとでまた書くとして…

俺はM史とともに去年コンケン大学に2週間の留学に行ってきた

正直俺らの代から始まったこのコンケン大学との繋がり…どうなるか分からんかったけど…

とにかく継続されてさらには拡大される様子なんで良かったーーー

という気持ちが第一

俺とM史は初代のコンケン大学への派遣者という誇りや自負がある

なぜか…当たり前のことながら希薄な好奇心からコンケン大学に行った訳でもないし

その時からそれぞれ高みを目指す気持ちを持っていたに違いないし

Passionを持ってコンケン大学へ乗り込んだ

けど…後輩の今年のコンケン大学留学の報告会を聞いたところ…

確実に俺たちよりもイイ勉強機会を与えてもらってたし…

ましてや少なからずの前例(俺たちの留学の様子)を知っているし…

間違いなく今年の方が吸収したり発信したりすることが多かったはず…

それが伝わってこなかった…なぜか…あの報告会のStyleに問題があったのでは…

いろんな要素があると思うけど…俺の思う一番の理由…

そこに気持ちが入っていたのかどうか…そこが一番の問題ではないか…そう思う

最後のK先生からの問い…
「日本とタイで一番違いを感じたところはどこだった?」

に対する後輩の答え…
「(壇上で椅子に座りながら…)タイの学生は先生からの質問に対して全員が一斉に答える…
 日本では尻込みする学生が多い中でタイは全然違った…
 そういった積極性みたいなところが違ったのではないかと思う」

………

あんたがそれを壇上で椅子に座って話をしたところで伝わってこないぜ

非常に残念だ…たったそれだけなのに…

あなたたちが何を吸収してきたのか…なぜ留学したのか…全くもって疑問視されてしまうぜ



2009.11.19 Thu. 報告会後の講義について

楽しみに楽しみにしていたT先生の講義…

やっぱサイコー

これは別に特別視しているからではない…非常に考えさせられるものがあるからこその感想

そこでの一場面…

T先生が学生全体に質問…
「この車椅子はどのような人に適応か?
 …(5秒程の間があって)…もう分かってる内容なんだから誰か答えてよ!」

俺…心の中で…
「ここだ!ここで言わずしてどうする!ほら!さっきの報告会でも話にあったじゃないか!」

そして俺の口から…
「C4レベルです」

そこからはしばらくの間…T先生と1対1のキャッチボール…あえてそう言わせてもらう…

なぜか…そこに参加していたのはまぎれもなく俺だったから

後からM樹が参加してくれた

別にこれを自慢するつもりで言ってる訳ではない…

確実にあった事実から何かを読み取ってほしい…ただそれだけ



2009.11.19 Thu. 報告会と講義を終えて考えさせられたことについて

報告会と講義が確実にリンクした瞬間があった間違いなく

やっぱり全ては気持ちではないでしょうか

確かに方法を知ってもらうことも教えることも必要…ただそれだけでもダメ…

何が必要か…やっぱり気持ちではないでしょうか

気持ちがあれば行動も伴ってはこないでしょうか

○学校内では挨拶をしましょう…事務局ではまず自分の名前を名乗りましょう…
 学校内の掃除をしましょう…患者さまにはこのように挨拶しましょう…
 形から入って気づく人は気づくでしょう…気づかないのはなぜでしょうか
 結局は誰が気づくのでしょうか

○好きな人に告白する術をなかなか告白できない人に教えたところで
 告白できない人がいきなり告白できるようになるでしょうか

○付き合ってる人に対する接し方や愛し方は
 好きな気持ちの度合い…それ次第で変わってこないでしょうか

気持ちの占める割合…デカくないですか

気持ちを伝えるの…難しい…難しいなら難しいなりにそこに努力なり工夫なり…

気づかせる手段…他にないでしょうか

そこがポイントではないでしょうか

その気持ちがあることをベースとして…

はっきり言って日本のPT教育が世界的に見てどれだけのレベルかよく分からない…

けど去年コンケン大学に行って感じたこと…

間違いなくコンケン大学の方がレベルの高い学生が多いし

技術的にも一歩先を行っているところが見えたし

コンケン大学に行った時には自らのレベルの低さに寒気さえ感じるぐらいだった記憶がある

今回の後輩の報告会を聞いて思い出して…あの寒気が甦ったかのように鳥肌が…

今後自分がもっともっと努力していくことを確認したことはもちろん

いろんな目でグローバルに自分のレベルを客観的に見れるようになると

さらにどんどんどんどんレベルアップできるのではないかと思った



2009.11.19 Thu. 『将来への道標』 No.7 & No.8 について

いくつか2日間に分けて開催したので…一応最後のH高の発表がNo.8

まずはNo.7のSくんのプレゼンテーション…膝について…

確実にこれから大事な知識になるし発表のような深い目線が大事になるし

個人的にあーゆーの大好きやからスゴく面白かったし楽しかった

そして最後の締め…No.8のH高の症例検討…

記念すべきスタート企画の『将来への道標』も一応最後にも関わらず…

残念ながら参加者が少なかった…H高には申し訳なかった

また次に期待絶対この『将来への道標』の流れは次へと繋げるから

最後の締め良かったと思う

最後まで時間の関係とか実技のやり方とか…課題がそのまま露呈してしまったけど…

俺としては内容的にはサイコーやった

改めて生態心理学的アプローチ視点の利点みたいなのが感じられたし

さらには今後自分たちがPTとしてできること…やらなければならないことが見えたのでは



2009.11.19 Thu. 『将来への道標』の総括について

本当に協力+参加して頂いた皆さんに感謝感謝です

本当にありがとうございました

これも俺だけではできませんでしたから…確実に皆さんに支えられてできたことです

もうすでに気持ちは今後へ…今後の活動についてはまだまだ模索中ですが…確実にやります

やりましょう



1部 2009.11.19 Thu. はこのへんで

2部 2009.11.20 Fri. は次回に
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

T先生が参加を促してるのに参加しないレベルだから勇の言う「年々レベルが下がってる」てのがイマイチ分からない。
もしかして学年が一つ下がると須くまったく誰も発言しなくなるのかな

ちょっと違う…

見る対象が違うと思う…たしかに学年が下になれば誰も発言しなくなる可能性もある…

俺が言ってるのは…人との接し方とか喋り方とか…そういう社会的な能力について言ってる…

発言とかは鍛えられてる人はできるからね…

学年関係なく鍛えられてる人と鍛えられてない人で差が出ると思うよ。

だから…M樹が言ってるのは…なんかちょっと違う。。

No title

コンケンの報告会については、自分がコンケンに行った時に感じた、“自分たちのレベルの低さ”ってのを改めて感じました。
全部が全部負けてるわけじゃないけど、人間力っていうか、姿勢っていうかなんか言葉にうまくできないけど、そういう面が負けてて、そういうのが、治療の腕に確実にあらわれてるとおもう。
この辺はまた話をしようね☆

将来への道標に参加できなかったことは、本当に悔しい。
自分とYuが言い出したことなのに、締めの場に入れなかったことが、悔しい。

卒試終わったらまたやりまっしょい!!!

濃い日々。

俺も、Yuと同じ時間・場所を共有しているのに、その環境から得た情報を拾い上げている量が少ないなぁ。。

今ある環境から、自分のためになることって一杯落ちてるんだけど、それに気付かない俺って…。

もっと、色んなこと、変化に着目する習慣をつけよう!!


コンケン発表は、びっくりです。

最初なんか、発表内容よりも先生方はどんな顔で見てるのかななんて気にしてた。笑

最後のほうで、その発表に慣れてきた自分にもびっくり。

寛大になったもんだ…今の俺らは色んな経験を積んで視野が広がった分、人にやさしくなれると思います。

でも、まだまだ!!むちゃでかい器にしたいね!!


将来への道標について、もっと細かく、かつ、端的に伝えることはできたと感じています。

これからの課題です。

でも、俺のスタンスはあんな感じ。

Yuのスタンスとは少し違う部分があるかもしれないけど、それもいいことだよね☆

これからも、よろしく!!!


プロフィール

Yu Takada

Author:Yu Takada
高田 勇です!

常に自分を更新し!
器の大きな人間に!

尊敬する人!
石川遼選手にしても…
茂木健一郎先生にしても…
我が未来像の先生にしても…
カッコいい!

素晴らしいPTになることを
誓います!!

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
19299位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6147位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...