人は変わる そして 必ず成長する

ここ2日間…というか昨日はスゴくいろんな収穫があった

そして考えさせられることもあった

今回のブログは…

収穫をいくつか

考えさせられたことをいくつか

ここ一番の収穫

おまけ

という流れで話を進めます



まず収穫をいくつか…

11/9 Mon

とにかく自分たちで自分なりにイイと思う環境を整えてそしてそこで勉強する

ってことを実現することができた

ただ勉強するだけじゃなくて…

まさに『自分たちで高めあえる空間』っていうのが形になったと俺は思ってる

しかも今の俺には学校で一番居心地のイイ空間

『環境が人を育てる』ということを胸に刻みながらそれをまたひとつ形にできた

すごく嬉しい…一番はM樹のおかげかなありがとう



11/10 Tue.

楽しみにしていたT田先生の講義…言葉になりません

ホンっトにサイコーやった

たかが国試されど国試…国試対策とは言え…どっかで講演を聞いてるようで…

メチャメチャ感激しました

ひとつの現象をとってもADL動作をとっても…今の自分はあそこまで深く考えることができるのか

そう問われると…答えは…分かりきってる…No…

自己弁護のために言うと…少なくとも周りよりも考えてるつもりだったし

実際先生からの問いに対してははっきりと自分の考えを言える体勢にはあった

いくつか見方があたってるものもあった

実際臨床に出るには必要最低限知っておくべき知識もある

それを網羅するためだけの国試…そこからの応用は自分たち次第

その自分たち次第という範囲にスゴくウェイトがかかってる…それが今の俺だと思う

もちろん必要最低限の知識を網羅しない訳ではないので

とにかく国試に出てる問題ひとつとってみても臨床的な目で広く深く考えられるPT

そして『人間』を目指していきます

…来週の講義も楽しみぃ~



そして考えさせられたことをいくつか…ひとつかな…

11/10 Tue.

信頼される…とはどういうことか…皆さんも一度は考えたことがあると思います…

ではその本質…背景…構成要素…それを作り上げるために必要なこと…

そして…その脆さ…考えたことはありますか

イイ例があります…残念なことに…勝手に俺の中では我がお師匠さんと言っても過言ではない

茂木健一郎さん

申告漏れがあって国税局に指摘されてしまった…俺としてはスゴく残念な気持ちになっていた…

ところが昨日のNHK「プロフェッショナル ―仕事の流儀―」は予定通り放送…

そこにいろんな事情(放送枠を埋められない etc…)があって放送に至ったのかもしれないが…

なぜNHKであっても申告漏れという不祥事があった茂木さん出演の放送とりやめなかったのか…

それは番組の最後に出てきた文字が物語ってました…

それがこれです

茂木さんとNHKのスタッフの関係は茂木さんのクオリア日記を見ればだいたい想像がつく…

それが背景にあれば…おそらく茂木さんとNHKの間には切っても切れない

『信頼』

というものが存在してたんだと俺は思う

じゃぁどうやって信頼が築き上げられるのか…

それは次のパラグラフの内容に若干結びつく…



そこでここ一番の収穫…

11/10 Tue.

その茂木さんの出てる「プロフェッショナル ―仕事の流儀―」を見た

実は作業療法士の方が出てくると思い込んでていざ見てみると…それは次回だった…

そこでちょっと残念な気持ちになったけど…そんなのは数秒で帳消し

素晴らしい…っていうのも…俺のやってることというか…考えてることというか…

そんなものを全て肯定してくれるような内容でビックリ

俺の中ではめちゃめちゃクリーンヒットな内容で嬉しかったーーー

ここで一例を…

(設定が不十分かもしれないけど)実際に臨床に出た時のことを想像して…

あなたは別の患者さんの治療が長引いた…あるいは他の仕事が急に入った…

けど次の患者さんは待っている…あなたはどう対応しますか

この問題がテストに出てきたら…あなたはもちろんこんな答えを書くでしょう…

「次の患者さんに一言申し出てから前の患者さんの治療を延長する」

「次の患者さんに一言申し出てからやらなければいけない仕事をする」

といったように…

ただそれは本当にできるでしょうか自分の胸に手をあてて自問自答してみて下さい

いかがでしょうかそれでもできると思ってる人もいるでしょう

ただ気をつけて下さい…案外自分の思うようにいかないですから

プロフェッショナルの内容に戻りますと…

テーマ「人が変われば、会社は変わる」 小売り再建 大久保恒夫

とりあえずこれにまとまってる

ここからは俺のまとめ…

小売りや商売というのは…お客さんに喜んでもらうことが一番の目標である

それは裏を返せばいかに信用してもらうかである

いろいろ陳列の技術とかもあるけど…そこに人はいない…

人がいる場面こそお客さんとの結びつき…発展すれば『信頼』が生まれる

そうすると結果的に繁盛する店になる

これは大久保さんの流儀…

「目先の成長を追っていては成長できない」

に繋がる

ではお客さんに喜ばれる店作りをするためにはどうすればいいのか…

ただ単に目先の数字を追って効率を最優先にして…としていてはそんな店にはならない…

お客さんに喜ばれる店にするには…お客さんのニーズに合わせた店にする…

お客さんのニーズというのは各店舗ごとに変わってくる

…ということは…

それぞれの店ごとでそれぞれのスタッフがお客さんが自分の店に求めているを考え

それをどのようにビジュアル化していくかを考え

それを実現するために行動する…それを受けてさらに行動する…

これをしていればスタッフの充実感が出てくる→買ってもらおうと努力する→

お客さんが喜んで買ってくれる→お客さんの喜ぶ店になる→スタッフの顔も変わってくる…

といった感じでプラスのスパイラルがイイ具合に回っていく

大久保さんは言う…

「とにかくお客さんもスタッフも人である…つまり気持ちだ…

 人は成長すれば100馬力が200馬力になる…気持ちが入れば200馬力が400馬力になる…

 そうすると今までとは違う仕事ができる」

大久保さんは挨拶にこだわる…気持ちの入ってない挨拶はダメ…

店の評価も数字だけで評価することはしない…

目先の数字で評価すると目先の数字ばかりを気にして

同じ組織にいるのに周りを蹴落とそうとしたりする…つまり目先の数字が組織をダメにする

大久保さんの会社の人が挨拶の評価が悪い店に行ってみると…

自分たちの評価が悪いことにショックを受けている…

評価が悪い理由を分かっていない…すぐに解決策も出てこない…

これを俺なりに解釈すると…挨拶という何気ない日常の1コマ…

それは特に意識することでもない行動や日常…

それを自らが自らによってフィードバックするということはなかなか難しいことではないか…

他人からの評価ではじめて気づく…ってことは普段は意識されてない…

ってことは意識されてないこと…つまり普段の習慣とかがどこかでポロッと出てしまうことがある…

そこで実はお客さんとの間にあった『信頼』というのものを失っている可能性がある…

知らず知らずのうちに…それほど『信頼』というものは脆いものである…

俺はそう思っている

じゃぁそういった気持ちの入ってない挨拶をする人

仕事に気持ちが入ってない人を変えるにはどうすればイイのか…

大久保さんは言う…

変えるのではなく変わるのを待つ…そういった人にはハートのある人の気持ちを共有してもらう…

 人を成長させるために…人を根本から変えるためにやることは…変わるきっかけを与えることだけ

さっきの挨拶の評価が悪い店では店長が高い気持ちを持ってるのに

それを周りのスタッフが共有できていない…

その店長に他の挨拶の評価がイイ(数ヶ月前は悪かった)店を見てきてもらう…

そして自分たちはどうすればイイのか考えさせる…そして行動させる

大久保さんは言う…

成功しても失敗しても…人は必ず成長する

 BESTな正解というのは難しいし分からない…けどそれでイイ」

その後店長はミーティングを企画して自分の気持ちをスタッフに伝えた…

すると周りのスタッフの出方が変わってくる…

自分の意見を行ってくれたり今までに思ってたことを言ってくれたり…

そこで店長は自分の真の気持ちを真っ直ぐに伝えた…

その後その店はみるみるうちに“お客さんに喜ばれる店”へと変わっていった

最後に大久保さんは…

仕事に楽しく挑戦し仕事を通して成長できる人…

 なおかつ部下を仕事に楽しく挑戦し仕事を通して成長させられる人…

 これがプロフェッショナルだと思います


と言って締めくくった



俺としては…結局何を言いたかったかを読み取って頂けるとイイのではないか…と思う

ポイントは3つ…習慣信頼成長



おまけ…

臨床心理の検査の覚え方

「MでHな特殊能力をもったベートーベン」

「田中さんの知能は子供から大人になっても一向に上がらず立方体の積み木もできない」

ありがとうございました
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHKスペシャル

人気の湯たんぽ♪NHKや各メディアで紹介されました(和雑貨・和柄・コラゾン)◆【楽ギフ_包装】コラゾン 湯たんぽツチノコシリーズ商品価格:2,625円レビュー平均:4.65 NHK職員の横柄な態度について。NHK職員の横柄な態度について。先日NHK職員がやってきまし?...

コメントの投稿

Private :

すごい!!

Yuは本を書いても一儲けできるんじゃないかな?


とても、興味深い内容でした。


リハビリも同じですよね☆


小売りや商売というのは…「お客さんに喜んでもらうことが一番の目標である」

リハビリも患者さんが主役です。僕らは脇役。

主役になる時は学会とかでいいのでは…。

リハビリもサービス業だと思うし、掃除とか挨拶の重要性は通じるものが必ずあります。

枕の位置を直すとか床に落ちている小さなほこりを拾うとかが出来なくては駄目で、今の段階で、習慣化してないとなかなかうまくいかない部分があると思います。

Yuの文章を読んで自分は注意が必要だなと思いました。


話は戻って、

「人がいる場面こそお客さんとの結びつき…発展すれば『信頼』が生まれる」

何気ない触り方、何気ないコミュニケーションから少しずつ信頼は生まれると思う。

信頼度は一度で大きくは上がらない。神の手があれば話は変わるかもしれないけど笑

信頼度を下げることは簡単!!挨拶ひとつで信頼なくなることもあるからね。

俺らがベランダに出て、日食見たことと一緒!!笑


徐々に積み重ねて積み重ねてやっとできた信頼!!

「この人なら一緒にリハビリをやってもいいわ。信頼していますわ。」

こんな言葉を聞けたら、最高ですね。

俺は、臨床の場面で

患者さんの信頼を得るには日々の習慣(掃除、挨拶、コミュニケーション、触り方など)から積み重ねていくことが必要で、それが自分の成長に繋がる!!

日々の態度から、いい部分も悪い部分も出てしまう。

と解釈しました。


もしかしたら、もっともっと深いことがYuの頭の中にはあって、俺は理解できていない部分があるかもしれない。

だけど、俺の中で日々の出来事に着目できるきっかけをくれたし、明日から完璧には出来ないかもしれないけど、意識したいと思う。

与えられるだけでは駄目ってのは知ってるけどすべてに気付けない自分もいると思う。

だから、もしこの場面のこれは修正すべきだ!ってのがあったら教えて欲しい。

きっかけだけでも嬉しいです。

それが、患者さんのためになるならどんなことでも受け入れます☆


明日から、少し視点を変えて、生活したいと思います☆

ありがとう!!



No title

トミーのセミナーは素晴らしかったね。

あれこそが真のセミナー。
あふれる独自性。そこにトミーがいなきゃ成立しない。

最高だね

まだまだ…

結構何回も言ってるけど…俺も含めてまだまだ未熟者…

まだまだ成長しやなアカンしね!

ただそこには意識というものが必要になると俺は思ってる…

っていうのは意識してなかったら普段のありのまま…

いわゆる習慣が出てしまっていて気づかないことがある…

人が根本的に…大きく成長するためには…それでイイかな?ということだと思う。

まだまだ!鍛錬しよう!!

…ってか…今まで俺はどちらかというとこっちからどんどん与えていく方やったけど…

俺の様子見てて…「ここはこうした方がイイ!」ってのはある?

是非言って!…遠慮なく…できるかどうか分からんけど…俺も言う!

どっちも遠慮なくしたら大丈夫やと思うし 笑

No title

習慣、信頼、成長

これらの言葉ってよく聞くけど、難しい。

実際全然できていなかった自分が残念で仕方がない。

Yuがブログとか、態度とかで、気づきを促していてくれたのに、、、

恥ずかしいです。

自分を見直す時間を昨日の夜とりました。

また話を聞いてください。
プロフィール

Yu Takada

Author:Yu Takada
高田 勇です!

常に自分を更新し!
器の大きな人間に!

尊敬する人!
石川遼選手にしても…
茂木健一郎先生にしても…
我が未来像の先生にしても…
カッコいい!

素晴らしいPTになることを
誓います!!

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
25950位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8289位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...