2009.10.30-11.01 東海北陸理学療法学術大会

こんばんは

夜遅くに長いブログですけど…

とりあえず書かないと…と思ったので書きます



このブログはタイトルの通り…この週末に開催された

第25回 東海北陸理学療法学術大会

について



2009.10.30 Sat.

12:30 講義終わってからすぐに会場に向かった

   ところが非常に残念というか…やりきれない気持ちで…

   っていうのも1日目は結局M史と俺の2人のみ

   このことについてはまた話ができる機会があればしたいと思います…

14:30 症例検討口述

   …うん…

15:30 冊子を手に入れて…次のシンポジウムの若干の予習+明日の予定の確認

16:20 シンポジウム
   「PTによるPTのための機能解剖 ~運動器リハビリテーションへの臨床応用~」

   足底腱膜の話もあり…非常にユーモアある先生もおり…エコーでかなりのものが見えて…

   1番気になったというか…惹かれたのが筋の起始停止について

   正直なところ国試レベルの起始停止だけじゃ全くもって不十分…

   身体の中にはいろんな筋連結があってそれがあらゆる作用をもたらしてる可能性…

   これはしっかりと勉強しないとしっかりとした治療に結びつかないということを確信した

   その他にも解剖実習についてのお話…心に響きました

   PTの解剖に対する姿勢を改めるべきだ…ってことが分かった

   そうなるとうちの大学の解剖の先生のやってることの意味が必然的に見えてくる…

   安易に意味がないとか口にしてはいけませんね

   そうなると…俺が「国試の内臓とか覚えただけじゃ意味がないやん」とかもダメ…

   かもしれないけどね

   とにかく…どんな解剖でも全く関係のないものはない可能性大

   それだけじゃなくてやっぱり細かい部分を知らないとイイ臨床にはならない

   どこの筋がどんな感じになっててなんでそこが原因なのか

   細かく見れて解剖と臨床とがリンクしてるとサイコーなんですね

   俺も目指すところはscienceがあってのskillでありたいと思います

   まだまだまだまだまだまだ勉強です

19:00 M史といろいろ話しながら食事…

   話は尽きない…どっかでまた話す機会を…



2009.11.01 Sun.

7:30 電車とバスにゆられて会場へ

8:00 電車の中でたまたま同じ両の数メートル先にKくんが…

   「来たんやー」…とややびっくり…嬉しいのかどうなのか…

   その後の感じを含めても良かったのかどうなのか…

   これまた話は尽きません

9:00 ポスター発表

   Y先輩の発表を聞きました

   俺もあんなところで皆に言いたいことをしっかりと伝えられるような…

   聞いてる人が共感してくれるような発表をしたいなーと思いました

   近々の目標ですね

   まぁ質問などについては…うん…

10:15 セミナーⅣ
   「中枢神経疾患の理学療法 ―姿勢制御に関するエビデンスを臨床にどう生かすか?―」

   印象に残ってるというか…内容は重要に思ったこととか共感したことのみ…

   ・姿勢制御とは『Person-Task-Environment』の相互関係の結果可能ある

   ・臨床場面の様子…俺もあんな臨床やりたい

   ・姿勢反応というのは自動運動を達成するためのもの

   ・近位部の安定と遠位部の運動…姿勢変化に適合して自律的な運動がなされる

   ・Coreがバランス回復の要であってそのCoreがあってこその上肢と下肢

   ・随意運動には必ず姿勢制御がつきもので非努力性の動的安定性には腰腹部の安定が重要

   ・セラピストの姿勢を伝える…セラピストの姿勢が重要であって

    患者とセラピストの相互作用の中で患者に動きを感じてもらうことが最も重要

   ・再び臨床場面…感動です

   ・セラピストの動きを伝える中でも患者の能動性と環境が重要

   ・末梢からなのか…体幹からなのか…それぞれ使い分けてアプローチすることが重要

   もう…言葉にならないぐらい共感したし…感動したし…感銘を受けました

   素晴らしい臨床をされてて…「俺もあんな臨床をしたい」そう強く思った

11:20 主題演題

   …うん…いろいろな考えがあるもので…考えをいう時の姿勢にもいろいろあるもので…

   こちらはやや共感しにくかったのは確かでした…なので多くは語りません

13:50 特別講演「膝関節拘縮」

   やっぱり…解剖の大切さを思い知らされました

   今の俺は何とも言えません…とにかく勉強勉強ですね

15:00 市民公開講座「地域に根ざしたスポーツ経営」

   印象に残ってるのが…選手を選ぶときの要素…

   集中力があるか考えてプレーしてるのか熱いハートがあるか

   俺も人間として大事だと思うことと全く一緒

   人間力を構成してる大きな要素といってもイイものばかり



ここで+α

2日目…主題演題終了後…セミナーⅣの先生にお声をおかけしようと思ったけど…

他の先生に質問があったりと…いろいろあって一旦は断念…

その後別の会場でまた声をかけようと…とりあえずお昼ご飯にしようと近くのラーメン屋さんへ…

いらっしゃるでは目の前に

これは何かの運命ではないかと思ってタイミングを見計らって声をかけさせて頂きました

名刺を頂いて連絡先も教えて頂き…感謝感謝…ただただそれだけです

そして月曜日に失礼ながらもe-mailで連絡させて頂きました

数時間後に返信を頂きまして…これまた…感謝感謝…ただただそれだけです

これを糧にさらにさらに頑張っていきたいと思います

またこれを含めていろいろ話をできる機会を持ちたいですね

…話は尽きません
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

いやー肥田先生の授業に関しては是非色々話し合いたいね

REASON

このBlogから色々なことを考えさせられました。

自分は、彼女との時間を大切にするために学会に行くのを辞めました。

そこから、喜びを得たと思っています。

それは、準備していたプレゼントとある企画から成り立っています。

詳しくは言えないけど…笑



自分は、彼女との時間を家庭に置き換えている部分があります。

家庭も仕事も両立させたいと考えている自分がそこにはいます。

今、悩むことは将来に繋がると。

しかし、同じ志を持つ仲間に連絡なしで自分の思うがままに行動したことは、なんか仲間を裏切る印象を与えたのかなって思っています。

自分の気持ちを伝えるなにかが必要だったと思っています。

自分ひとりだったら、大切なものを失うところでした。

ありがとう。

昨日の話

昨日の話が全て…ではないかもしれやんけど…全てに近いと思ってもらってOK。

あとはH高に委ねます!

いろんな目線で患者さんを見るように…いろんな目線で自分を見つめてみてはどうでしょうか?

何を言おうともここからはH高の感受性とか価値観に任せられます(^^)

時間をかけてでも…どんなことでも話せるグループになるとイイですね。。

…俺もグループもまだまだです…いろんな意味での前進あるのみ…成長あるのみ。。

No title

また一緒に行こう!

で、話し合う時間を!!

積極的に行動するといいすな☆

これができるかできないかで、人生がきっと変わる!!
プロフィール

Yu Takada

Author:Yu Takada
高田 勇です!

常に自分を更新し!
器の大きな人間に!

尊敬する人!
石川遼選手にしても…
茂木健一郎先生にしても…
我が未来像の先生にしても…
カッコいい!

素晴らしいPTになることを
誓います!!

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
24694位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7772位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...