行動

こんばんは

今日はいくつかBlogをアップする予定です

まずそのひとつめを…

おととい後輩に卒業研究について話をするために2時間ほど割きました

2時間も話をする予定はありませんでしたし

客観的に見れば2時間も割いている暇があるなら勉強をしなさい

といったところだと思いますが

この2時間は私にとって非常に大事な2時間だったと思っています

その話に付き合ってくれた後輩3人には感謝ですね

後輩3人にも話をしましたがこうやって先輩と後輩が交流をすることはもとより

話をするためにお互いが時間を割いているなら

内容のあるものにしたいですしできる限り時間をとりたいものです

というのも…

「その時はその時にしかない訳だから
 そういった機会を設けたならその時にしかできないことをするべきだ」

私はそう思うからです

勉強をするならどこか1人でやれる訳ですし

その時間を挽回するようにすればよいだけの話だと思いますから

もちろん何かの犠牲の上に何かを得るというのは

この世の限られた時間の摂理ですから

ある程度の犠牲が生まれることは仕方のないことでしょう



そうやって少しは犠牲が生まれながらも

非常に私にとっては重要であると思って設けた後輩と話をする機会

その話の内容は卒業研究から将来のことにまで至り非常に幅広い話をしました



卒業研究については私が経験して感じた反省点やアドバイスが主

こういうことはこうした方がイイだろうし

こういう姿勢で臨むとさらにイイだろうし

といった形でしたが「あくまでもただひとつの参考にして下さい」

と念を押したつもりです

やはり現3回生(来年度4回生)の後輩自身が行う卒業研究ですから

自分たちの感性や考えも大事にして欲しいと思ったので

そういった念押しをしました

そして私自身が強調したかったことは

「先輩の私の方が後輩の3人よりも賢いとか偉いとか
 そんなことは一切気にしないで欲しい」

ということをベースに

「後輩である現3回生にしか見えないものや
 気付かないことがあるかもしれない」

「私が読んだこともない本や文献を読んで
 私が知らないことを知っているかもしれない」

「学術的な世界ではDiscussionを大事にしよう」

「分からないことや知らないことは
 堂々と分からないあるいは知らないと言おう」

「知らないことが恥ずかしいんじゃなくて
 知らないことをそのままにしておくことの方が恥ずかしい」

そして

「遠慮は禁物」

そんなことを言いました

そんなことを考えていると…

後輩たちの成長は私の成長へ

私の成長は後輩たちの成長へ

ということが具体的に見えてきたのです

この瞬間私は自分で話をしながらスゴく嬉しい気持ちでした



卒業研究以外のことについては印象に残っていることとして

理学療法界に入った理由や自分の将来像についての話です

何となく…スポーツをしていて…柔整を知って…

理学療法に足を踏み入れた理由は様々…

自分の将来像についても

どこか地域で仲間と診療所を…アカデミーの先生になりたい…特に今は…

といった感じで後輩たちの考えている実情を見た気がしました

この実情の善し悪しを議論するつもりはありません

あくまでも実情のひとつをご紹介したに過ぎません

ここから私の感じたこととしては

今の学生の段階では学生という立場を大いに活用し

(あくまでも活用するまでで
 学生に与えられた権利などを振り回すことではありませんが)

いろいろな経験や多くの体験をするべきではないかと思ったのです

それが何のためかというと…全ては自分のためではないかと思います

いろいろな学会や研修会やセミナーなどに参加するも良し

今まで経験していない遊びをやるも良し

常に新しい経験や挑戦をすることが重要ではないかと実感したのです

まさにこの世の限られた時間の中で

明らかに時間を確保しやすい学生のうちに

可逆的なことであれば何でも行動に

そして行動に移しさえすれば何かしらのフィードバックを得て

自らの成長因子が増し可能性が広がり成長量が伸び

確実に将来への糧と言われるものが得られるのではないか

私はそんなことを感じました



ここでも重要になってくるのが出だしの

 行動

私の今の行動の捉え方は

目的や理由といったことを理解してからでも

あるいはそれらを理解する以前でも

成長のためには何よりも重要な要素である

といったスタンスです

0か1かと言われればとりあえず1を選択するような心意気を大切にしたいです

もちろん上で書いたようにその行動をすることで

犠牲になることもあるでしょうし

もちろん「やる」or「やらない」の選択の余地はあると思います

ただし

行動の目的や理由を理解する前に行動を起こす価値は大いにある

と断言できます

茂木健一郎先生も『脳を活かす生活術』の中でおっしゃっていますが

「行動しないとセレンディピティを発揮
 (思わぬ幸運に偶然出合う能力を活かすことが)できない」

発揮するためには…

「「行動」し、出合いに「気づき」、
 人生においてそれが意味することを「理解」し、
 それをありのままに「受容」する、という四段階」

「目的が決まらないと行動できないと思い込んでいると、駄目です」

といったように行動の在り方を述べています



私のような「行動」に対する考えを

 行動前置主義

とでも言いましょうか

ある意味偏った書き方になりましたが

それぐらい大きな目的や理由や意味や価値を見出せるものが

 行動

であると考えています
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

No title

行動の大事さは常々感じております。

後輩達の視点を知ることも、YuやH高の視点を知ることも等価値だよね。

色々な人と遠慮なくdiscussionできる環境を作っていきます☆

No title

いいなー
俺も後輩のやりたい卒論聞いてみたい。

むしろこれから大学院生として研究に協力してもらうならもちつもたれつの関係が作れるといいね。

行動力

行動力を発展させてくれてのは、紛れもなく4人のメンバー、先生との座談会などなど。

自分の場合、衝動的な行動になっちゃうから、少し考えてからにしようと思います。


プロフィール

Yu Takada

Author:Yu Takada
高田 勇です!

常に自分を更新し!
器の大きな人間に!

尊敬する人!
石川遼選手にしても…
茂木健一郎先生にしても…
我が未来像の先生にしても…
カッコいい!

素晴らしいPTになることを
誓います!!

最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
24289位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7533位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...